令和1年9月気になる話題|横浜で顧問契約200社以上。信頼と実績のオールウィン税理士法人

オールウィン税理士法人
お問合せフォーム(オールウィン税理士法人)

令和1年9月気になる話題

Google広告の消費税
Google広告は平成31年4月1日から消費税が課せられているため、仕入税額控除の対象となる。それに対し、GoogleAdsenseはこれまで通り不課税売上となる。

レジ導入補助金の支給要件緩和
中小企業庁は軽減税率制度に対応したレジの設置について、補助金の支給要件を緩和すると発表した。緩和前は令和元年9月30日までに設置・支払が完了している必要があったが、緩和後はレジ導入に関する契約等の手続きが完了していれば補助金の対象となる。

帳簿書類等の保存期間
法人は帳簿書類等を7年間保存する必要がある。ただし、平成20年4月1日以降に終了した欠損金の生じた事業年度においては、保存期間が9年間に延長された。また、平成30年4月1日以降に開始する欠損金の生ずる事業年度においては、保存期間が10年間に延長されている。

次世代自動車等の導入補助金
国土交通省では環境に優しい次世代自動車等の導入補助の公募を開始した。公募期間は令和元年9月2日〜9月27日であり、電気トラックや電気自動車用充電設備等が補助対象車両となる。

一体資産の適用税率
一体資産のうち、(1)税抜価格が1万円以下であって(2)食品の価格の占める割合が2/3以上の場合、全体が軽減税率の適用対象となる。

消費者還元ポイント制度
ポイント還元事業は令和元年10月1日からの消費税率引上げ後9カ月間に限り、消費者が中小店等で購入した商品等の代金をクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済手段により支払う場合、5%が消費者に還元される制度。経済産業省は8月23日、消費者還元ポイント制度の加盟店登録申請が43万店を超えたことを明らかにした。

インボイス方式の見直し
日本税理士会連合会は消費税の単一税率維持とインボイス方式の見直しを訴えた。全事業者にインボイス方式が適用されると、免税事業者は取引から排除される可能性が高く、経営状態が圧迫されてしまう旨を訴えている。

会費の消費税
支払った会費が消費税の仕入税額控除の対象になるかどうかは、受ける役務の提供と支払った会費との間に明らかな対価関係があるかどうかにより異なる。また、会費を不課税とする場合は構成員に対してその旨を通知することとされているが、実際にはこうした通知がなく請求された会費が税込金額なのか税抜金額なのか明らかでないケースも少なくない。

PageTop

お問合せフォーム(オールウィン税理士法人)